スマホ普及で超売り手市場

スマホ普及で超売り手市場 スマホの普及によりアプリ開発者は引く手数多で超売り手市場ともいえる状況です。普段使っているアプリの開発に携わることができ高い報酬を得られるのがアプリ開発者なのです。ここではアプリ開発の仕事内容や求められる人材などを紹介していきます。

LINEで送る
Pocket

アプリ開発の仕事内容

アプリ開発者はスマホ用のアプリを開発することが仕事になります。近年iPhoneやAndroid用のソシャゲと呼ばれるソーシャルゲームが大変な人気ですが、ここでいうアプリとはこういったソーシャルゲーム等も含まれます。またそれに関連するSNSサービスやコンシューマー機器(家庭用ゲーム機器)に対応したゲームを開発することもあります。
アプリ開発の場合、家庭用ゲームソフトの開発と比べて開発者の人数が少ないのが特徴です。プログラム担当者が最初の企画から参加することもありますし、ゲームの開発が進むに連れて所々で小さなアイディアを出していくということもあります。時にはアイテムやユーザーインターフェイス、ステージのデザインなどを担当することもありますから、スマホ用のソーシャルゲーム開発を担当する場合、プログラミングだけでなくマルチな才能が求められる仕事になります。

アプリ開発者に求められるスキル

アプリ開発者は超売り手市場ではありますが、中でもどういった人材が求められているのでしょうか。即戦力として採用されるためには、過去にスマホ用のゲームやツール等の開発に携わった経験があることが望ましいといえるでしょう。最低でもスマホアプリの開発環境を含めた知識を持っていて、自分でいくつかソフト(アプリ以外でも)を制作したことのある人がアプリ開発者として求められているようです。関連してWebシステムの開発経験者も必要になるため、PHPやPerl、Javaといったプログラミング言語を使用したシステム開発経験のある人は歓迎されるでしょう。
iPhoneで開発を行う場合、プログラミング言語はObjective-Cを使うことになるでしょう。ですからiPhone関連のアプリ制作者を目指すのであれば、開発環境であるXcodeを含めてマスターしておく必要があります。Androidの場合、プログラミング言語はJavaが多く用いられます。こちらもEclipseの使用を含めてしっかり習得しておかなければなりません。Windows PhoneではC#やVisual Basic等のマイクロソフトのプログラミング言語が用いられるケースが多いため、Visual Studioでの開発スキルが必要になります。売れるアプリを求めている企業が多いため、過去にそういったアプリを制作したことのある人なら高い報酬が期待できるでしょう。プログラミングのスキルが高い人材がアプリ開発者として求められているのは確かです。さらにプラスして企画やデザインの能力があったりトータルの管理まで行える人材ならさらに高い報酬を得ることができるでしょう。

これからプログラミングを始める方へ