高収入を狙うならアプリ開発

高収入を狙うならアプリ開発 スマホが普及するにつれてアプリの使用者も増えてきました。最近では様々なアプリが開発されニュースやメディアで大きな話題になることもあります。ここではアプリ開発をしたいと思っている方に向けて、フリーランスのアプリ開発者である私がアプリ開発の仕事の様々な魅力を紹介していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

アプリ開発者の需要の高まり

スマホが普及するようになり、様々なアプリが続々登場しています。便利なものから楽しめるものまで、いろいろなアイディアが詰まったアプリは多くの人に使用されています。アプリが続々登場するということは、それだけアプリが開発されているということになります。しかしこれだけ多くのアプリが出ていながらも、開発者はまだまだ足りないのが現状なのです。アプリを作りたいという企業はたくさんあるのに、それに対応できる開発者の数が足りないのです。今後もこの傾向は続き、アプリ開発ができる人の価値は高まっていくことが見込まれます。
アプリ開発者の需要がありながらも数が足りていないということは、アプリ開発者という仕事はチャンスがあるということになります。クリエイティブなものを作ることを仕事にでき、高収入を得るチャンスもあり、かつ時代の最先端を行くことができるのがアプリ開発です。作ったものを世界中のみんなが使ってくれると考えるとなんだかわくわくしてきませんか?

アプリ開発者が高収入のわけ

アプリ開発の仕事には高収入を得るチャンスがあります。しかし誰でも高収入を得ることができるのでしょうか?開発者の供給が追いついていないという現状を理解できていれば、少なくともそんなに簡単になれるものではないということはおわかりいただけるでしょう。もし簡単にアプリ開発者になれるのであれば、安くても仕事をしたいという人が増え収入は減るはずです。
ここでアプリの開発者はどうして高収入なのかを考えてみましょう。アプリを作りたいと考えている企業は、質の高いものを作ってもらいたいと考えているのです。そしてそのためには高い費用を払ってもいいと考えています。この要望に応えられるのは、高いスキルを持った開発者ということになります。つまり、高いスキルを持った開発者なら高い報酬を得ることができるということなのです。

高いスキルを身に付けるには

高収入を得られるようなアプリ開発者には短時間でなることはできません。それなりの時間がかかるものです。私は現在フリーランスのアプリ開発者をしているのですが、私の場合独学でプログラミングの勉強を始めて最初は1日のほとんどを勉強に費やし3ヶ月はそれを続けました。それなりにプログラミングはできるようになったと思っても、いざ仕事になると満足のいくような仕事はできなかったものです。最初のうちは時給も1000円を少し超えるくらいでした。しかし今では6000円以上の時給をもらって仕事をしています。アプリ開発者として高収入を得るためには最低でも3年程度は覚悟しておくべきでしょう。3年を超える頃には時給も最初の3倍くらい(3000円以上)になっているかと思います。
アプリ開発者として高収入を得るためには、学習コストがそれなりにかかります。しかしスキルをしっかりと身に付けることができれば、その後はそれを生かして高収入を得ることができるのです。かけたコスト以上のリターンを得ることができるのがアプリ開発者の仕事です。
当サイトではフリーランスのアプリ開発者である私(管理人)が、アプリ開発の基本について紹介していくサイトです。アプリ開発に興味のある方はぜひ参考にしてください。
当サイトへのお問い合わせに関しては【メールフォーム】までお願いいたします。

これからプログラミングを始める方へ